母子手帳の概要

母子手帳の概要をご紹介します。

 

母子手帳は妊娠した母親が必ずもらう物となります。

 

赤ちゃんの成長記録や妊婦健診の際に記録を付けていく大事な手帳です。

 

また検診の際には必ず持参しなければなりません。受付で母子手帳の提出を求められます。

 

常に外出時は肌身離さず持っておくと、いざという時に妊婦だという事を周囲に早く知らせる事も可能です。

 

そこで当サイトでは母子手帳について様々な解説を行いますのでご参考ください。

 

 

母子手帳の役割をご紹介していきます。


母子手帳がもらえる場所は?

母子手帳がもらえる場所は決まっています。

 

まず貰える前提として妊娠している事です。妊婦でなければもらう事はできません。

 

妊娠している事が証明されれば貰う事が出来て、これから子供が育っていき出産するという実感が沸いてくると思います。

 

そして貰える場所ですが、以下の方法があります。

  • 市役所の市民課で母子手帳を申請する。
  • 産婦人科など医療機関もしくは自治体の窓口で妊娠届出書を書く。

これらの施設で母子手帳及び副読本を貰う事が出来ます。

 

妊娠届出書を提出すれば無料で発行されますので、まずはどちらかの方法でもらうかを決めておきましょう。

 

また、届出書の申請用紙ですが、インターネットでダウンロードする事も出来るので、自宅で用意して必要事項に記入を行っておけばスムーズに進められます。

 

妊娠届出書は本人の都合が付かない場合、代理人が代わりに窓口に提出する事も可能です。

 

代理人は夫、もしくはどちらかの両親が良いでしょう。申請する機関に身分証明(免許証や保険証)を持参してください。

 

無事に申請が終わると、様々な冊子などを貰います。

  • 母子手帳
  • 母子手帳別冊(妊婦健康診査受診券、乳児一般健康診査受診券)
  • マタニティマークキーホルダー
  • 母子手帳副読本などの妊娠、出産、育児に関する各種パンフレット

こういった物を貰う事が出来ますので、妊娠中に学ぶべき知識を身に付けていきましょう。

 

これから下記において母子手帳の内容をご紹介していきます。

 

 

母子手帳は妊婦には欠かせない物なのです。


母子手帳の内容は?

母子手帳の内容をご紹介いたします。

 

母子手帳は前半の記録を記入していく部分と、後半の読んで知識を付けるパートに別れています。

 

母親と赤ちゃんの日々の変化を記録する事によって健康状態を把握できるようになります。

 

前半は1ヶ月ごとに妊婦健診を受けた結果と健康状態を記録していきます。

 

他にも妊娠中と産後の歯の状態といった項目もあるのですが、これは妊娠中に歯の状態が悪くなり易いからなのです。

 

そして出産時の母親と赤ちゃんの状態を記録する項目や、出生証明や分娩取扱者の氏名を書く欄もあります。

 

出産すると母体は弱ってしまいますので、産後の母体の回復状況を記録する項目があります。

 

こうやって記録していく中で、自身や可愛い赤ちゃんの成長を感じ取っていく事になります。

 

こうして出産後の赤ちゃんの毎月の記録も付けていくのですが、これは定期健診を受けた際に細かく状態を記入していきます。

 

母子ともに健康に過ごせるように定期的に検診を受けて記録を付けていきましょう。

 

 

母子手帳で健康や成長の記録が分かりますよ。


母子手帳を紛失してしまった場合は?

母子手帳を紛失してしまった場合の対応になります。

 

もしも母子手帳を無くしてしまった場合、どうすればよいのか分からずに混乱してしまう事もあるでしょう。

 

ですが母子手帳は再発行が出来るので焦らずに手順を追っていってください。

 

最初に行くべき場所は自治体の保健センターになります。ここで必要書類を提出する事となります。

 

母子健康手帳再交付申請書」という書類に必要事項を記入して提出すれば無事に母子手帳は発行されます。

 

再発行に関しては無料で行えますので、お金は一切かからないのでご安心ください。

 

ただし、今まで記録していた内容は全て無くなっていますので、また新たに記録を付け始めなければならないというデメリットがあります。

 

さらに最初に母子手帳と同時に支給される「妊婦一般健康診査受診票」も無くしてしまった場合ですが、こちらは再発行が出来ません。

 

したがって自治体が負担してくれるはずの部分を受けられなくなり、医療費が高くなってしまい経済的な負担が増えてしまいます。

 

 

母子手帳や妊婦一般健康診査受診票を紛失しないように管理しておきましょう。


引越しした場合の母子手帳や検診補助券について

引越しした場合の母子手帳や検診補助券について解説します。

 

妊娠中に家庭の事情で引越しをしなければならない事は往々にして起きます。

 

その場合、母子手帳はどうするのか?そして検診を受けている最中だけど検診補助券はどうするのか?が気になりますよね。

 

でもご安心ください。そんな場合でもちゃんと手続きを行えば検診を継続して受ける事は可能です。

 

引越しで住所(住んでいる自治体)が変わらない場合はそのまま検診は受けても大丈夫です。

 

ただ、自治体が変更になる場合は転居届・母子手帳・未使用分の検診補助券・印鑑の4つを持参して下さい。

 

また、引越し前の住所の時に受診料の払い戻しがある場合、住民票を移動させる前に済ませておいてください。

 

 

引越しをしても母子手帳はそのまま使えますよ。


母子健康手帳の副読本について

母子健康手帳に付属する副読本について。

 

母子手帳を貰う際に一緒に支給される物の1つが副読本です。

 

この副読本は妊娠中の過ごし方や赤ちゃんを産んでからの育児のアドバイスが満載です。

 

母子手帳に赤ちゃんの成長を記録しながら、副読本で得た知識を活かして子育てをするのがお勧めです。

 

何も知識を得ないままに子育てをしてしまうと、ストレスが溜まって育児疲れで何が起こるか分かりません。

 

そういった状態にならないためにも、事前に学んでおく事がスムーズな育児に繋がっていきます。

 

そんな副読本ですが、妊娠中と出産後の2章に内容が分かれており、妊娠中は1章を、そして産後は2章と読み進めていくと良いでしょう。

 

特に意識して読んでいただきたいのが妊娠中の食事に関する項目です。

 

妊娠中はお腹にいる赤ちゃんを育てるために、母親の血液から栄養素が作られ赤ちゃんに送っています。

 

赤ちゃんが健康に育つかどうかは食事が大幅に影響しているのです。

 

そこでどのような栄養素を取るべきかといった食事のポイントをおさえて解説してあるので、是非とも目を通しておいてください。

 

そして母子ともに健康状態を保ちながら出産を迎えられるようにしていきましょう。

 

 

副読本は母子手帳と併せて読み進めてくださいね。


母子手帳副読本のスマホアプリ

母子手帳副読本のアプリも活用できます。

 

副読本を持ち運ぶよりも便利なスマホ専用アプリで、いつでもどこでも場所を選ばずに利用する事が可能です。

 

ダウンロードはそれぞれのOSで以下の様に検索してください。

 

アイフォンの場合・・・アップルストアにて入手可。ジャンルは「ヘルスケア/フィットネス」になります。

 

アンドロイドの場合・・・グーグルプレイにて入手可。ジャンルは「健康&フィットネス」です。

 

それぞれアプリの検索窓で「母子手帳副読本」と入力すれば出てきます。

 

これなら、副読本を外出時に持ち忘れた場合にもスマホですぐに見る事ができて便利です。

 

アプリも無料で利用できるので、副読本を入手したら同時にスマホにアプリをダウンロードしておく事をお勧めいたします。

 

 

スマホでも副読本を活用してみてくださいね。


 


TOPへ戻る